子供たちと共に歩んできた20年とこれから


  発足以来 約20年間、子ども達の成長を見ながら共に歩みを進めて参りました。 運営をしていく過程では多くの難局もありましたが、そういった中でも常に考えてきたのが 子ども達の成長と社会へ出て行った時に人を思いやる気持ち、想像力、人間力等をつけてもらい たい。どんな環境で生まれてきても、生命をいただいたことに深い意味があって存在している ことを知って欲しい。そういった思いがあります。私達が一人一人の人生に関われるのは、ほんの一部です。それは、微力かもしれません。 でも、確かに関わったという事実はお互いの人生の時間の中に残り、いずれ花開くかもしれません。
何年も前に企画した毎年開催しているわくわく広場で作ったバックやしぼり染めのバンダナをいまだに思い出と一緒に大切にしてくれていたり、 わくわく広場がきっかけで建築に興味を持ち建築家を目指している子、 人を思いやり、自分の足で自立するべく看護師さんの勉強を始めた子など、 一人一人が感じることは多種多様で、それは私達の想像を超えて成長してくれています。 その間に出会ったたくさんの子ども達が成長し、進学・就職など大きな 人生の節目を迎えています。 応援して下さっている会員の皆様も、直接的ではないかもしれませんが、確実に関わって、支えてくれているのです。改めて深く感謝すると共に 御礼申し上げます。 皆様からのご支援が無ければ、到底続けさせていただけることは出来ませんでした。
今、世の中は便利でなんでも手に入り、テクノロジー時代で、一見とても豊かな世界に見えますが、精神的な部分では、どんどん貧しくなっているようにも見えます。人間関係は希薄になり、自分と関係のないことには 無関心。見て見ぬふり。ちょっと寂しいとは思いませんか!? しかし、どんな世の中でも、基本は人と人とのつながり、温もりです。 ギャラクシー・ブライトは、物質的支援も大切ですが、おせっかいと 言われても精神的な支援もこれからももっとがんばっていこうと考えております。
毎年開催してきた、夏の恒例行事「わくわく広場」を始め、範囲を拡げて 一人でも多くの子ども達を支えていけるよう、引き続き会員の皆様からの ご支援をよろしくお願いいたします。
また、こんなことをしたらいいのでは?などのご提案やご意見も お待ちしております!
これからもギャラクシー・ブライトをよろしくお願いいたします!