height="100"
熱中症対策の
ミストシャワーで 涼を取ります。

もうすぐ完成!座面となる板を取り付けよう!

座面となる板を取り付け、最終段階の仕上げに入ります。
各チームで旗を作りましょう!
チーム名や、イラストを入れて特別ないかだへと作り上げます。


ぐらつきはないか
最終チェック


ここはもう少し絞めよう!


チームの
旗の完成です!


板を装着して


カラフルな色で旗を作ります


それぞれ思い入れのある「オンリーワン」のいかだが完成しました!
ぐんぐん気温が上がる中、みんなでがんばりましたね!

いよいよ琵琶湖へビットイン!

さあ!いよいよいかだを水面へと浮かべます。「浮かぶかな?」・「沈みませんように…。」いろいろな思いを乗せて、陸から湖へ、いかだを運びます。期待と緊張の瞬間です! 「いちにのさん!」と声をかけて、チームのみんなで運びます。10本のパイプと板をまとめると、かなりの重さになります。ライフジャケットも装着して準備万端!


ヨイショ!ヨイショ!


あと少しだ!がんばろう!


水面まであと少し!


さぁ全チームが着水しました!いかだレースの始まりです!チームで3人ごとに乗って、湖面にある浮きまで行き、ターンして戻ってきます。 レースの前にまずはいかだに慣れるために練習します。初めて“漕ぐ”ことを体験する子もたくさんいて、 最初はまっすぐに進めなかったりもしましたが、とにかく自分たちで作ったものに、 乗れる!ということがうれしくて、楽しくて、という雰囲気でいっぱいになりました!

全チームが一斉に
スタートラインに着きました!
漕ぐのになれたところでレースの始まりです。 子どもたちはスタート前から、すでに白熱気 味です。「スタート!」の掛け声で、各チーム 一斉に漕ぎ出し、応援にも熱が入ります。 「がんばれ〜」・「そっちじゃない!こっち、 こっち!」・「ここだよ〜」と旗をふりチーム に知らせます。思う方向にいかなかったり、 ぶつかりそうになりながらも、一生懸命漕ぎます。

位置について〜よ〜い


スタート!


応援団も白熱しています!


みんな本当に
いい表情をしているよ!
大人も子どももみんなで応援します。子どもたちの生き生きした表情を見ることが出来て、 本当にうれしかったです。出来たものに、ただ乗るだけだったら、ここまでヒートアップしていなかったと思います。 自分達の手で最初から協力しあって作り、また、暑かったのですが、屋外の開放感と真夏の太陽の下での雰囲気も手伝って盛り上がりました! そして、いかだレースの後片付けもすべて自分達で行います。そこまでやって終了です。

もう少しでゴールだ!


「キャ〜!ぶつかる〜!!」


どれくらい漕いだのかな?