例年にない程寒い冬から、漸く待ち焦がれた春へと季節は移り変わり、新しいエネルギーに満ちた新年度! それぞれ気持ちを新たにスタートを切ったのではないかと思います。 フレッシュなこの時期にギャラクシー・ブライトへ届いた新年度のスタートにふさわしい、嬉しいニュースを皆様にお届け致します!

相鉄線車内にギャラクシー自販機募金状況報告ポスターが掲出されました


2009年12月から始まった、相模鉄道各駅に設置されている「ギャラクシー募金自販機」ですが、設置から早くも3年が過ぎ、この3年間で皆様からなんと!2,956,800円が集まりました!
購入して下さった皆様、宣伝をして戴いた皆様、本当に有難うございます。
お一人お一人の温かい心が、大きな力となって還ってきました。


車内にギャラ熊登場!
しっかりと募金の状況が解ります

一回一回は小さな金額かもしれませんが、大きな愛情の心はお金に変えられない価値があります。
そして、こうして私達の活動を、多くの人々に知って戴く為の機会を戴いた相模鉄道様に改めて深く感謝致します。
”塵も積もれば山となる”・
”継続は力なり”で続けて行くことができたのも、相模鉄道様の御理解とご協力、そして、ご購入戴いた多くの方々に支えがあったからこそ、続けていくことが出来ました。私達は多くの温かい真心をきちんと子供達に届くように、責任をもって大切にお預かりしたいと思います。

気仙沼沿線元気プロジェクト
〜気仙沼線BRTプロジェクト〜ご報告!


ギャラクシー・ブライトニュースレターvol.17でお知らせさせて戴いておりました、「気仙沼線元気プロジェクト」。このプロジェクトは、東日本大震災により、未だ復興の厳しいJR気仙沼線に代わり、バス専用走行レーンを整備し、バス高速輸送システム(BRT)を運営するプロジェクトの分会として、「BRT沿線ブライトアップ作戦」をギャラクシー・ブライトが応援することになったというものです。被災地域の沿線、並びに、停留所には街灯がない地域が多い為、通学時の子供達には大変危険な場所も多く見受けられます。
3.11以降未だに不自由な生活を強いられている被災地の皆様に、せめて暖かな光を届けたい。地域の活性と、子供達が安心して生活出来る環境作りに貢献したい。そして、一人一人の”心の灯火”となって、やがて”希望の光”となる事を願って、広く「明りの輪」、「思いやりの輪」を広げて行きたい考えました。このライトは、ソーラー発電となっており、環境にも優しく、経済的なものです。
この趣旨にご賛同戴き、早々に協力の申し出を戴いた企業の皆様をご紹介させて戴きます。

みんなへ灯が届くように、
活躍し始めました!

株式会社大林組 東京本店 様
隈研吾建築都市設計事務所 隈 研吾 様
株式会社佐藤総合計画 様
高砂熱学工業株式会社様
プリンス海運株式会社 様

厳しい時代の中、御英断を下して下さった企業の皆様に深く感謝致します。中々易しい事ではありません。しかし、利益よりもこれから長年に渡って沢山の方々の生活を見守り、照らし続けていく照明に金額ではなく、心で投資して戴いたのだと思います。灯りがあるので当たり前でない事を実感している地元の方々にとって、暗闇だった日常に光がともった事は、とても大きな意義のあることだと思います。この活動はまだまだはじめの一歩を歩き始めたばかり。これからも継続して活動し、広げて行きますので、皆様からのご支援・ご協力を御願い申し上げます。また、このプロジェクトに関しまして、少しでもご興味・ご質問等がございましたら、ギャラクシー・ブライト事務局までお問い合わせ下さいます様、宜しくお願い申し上げます。
皆様からのご支援をお待ちしております!


日頃のご支援に支えられて…

会員お一人お一人、理解ある多くの企業の皆様に支えられて行きながら、成長を続けているギャラクシー自販機や、ソーラー発電のライトなどの新形態としてのアイディアがどんどん形になっております。こうして皆様へご報告出来る事を大変嬉しく思っております。
変化してゆく子供達に取り巻く状況に臨機応変に対応できるよう頑張っていきますので、これからも、ご支援・ご指導を賜ります様、宜しくお願い致します。