2012年の夏のわくわく広場は、今年3月に出来たばかりの京都水族館や、オリジナル念珠作りをはじめ京都で過ごす夏の涼を味わいながら、"学ぶ・作る・感じる"と、ギャラクシー・ブライトならではの一日をすごすことが出来ました! 元気いっぱいの子供たちと共にすごした夏休みの素晴らしい一日を皆様にご報告致します。

2012年8月4日(土) 京都水族館



真夏の太陽から強い日差しが降り注ぐ夏真っ盛りの中、今年も暑さに負けない元気な子ども達が参加してくれました!さあ、今回は京都水族館からスタートです! 京都には、鴨川、桂川、宇治川をはじめ、たくさんの一級河川が流れ、古くから川と共にあゆんできたと言っても過言ではありません。そんな京都に出来た水族館らしく、源流から海へとつながる流れの中で育まれている生態系が再現された展示のほか、実際に海の生物に触れることのできるゾーンや、さまざまなワークショップの開催、イルカショーなど9つのゾーンに分けられ、学習するだけでなく五感をフルに使って楽しめる水族館です。


まず最初に出迎えてくれたのは、京の川ゾーン。2つの水槽が織りなす美しい川の中の世界に住むたくさんの生物たちが見られます。 その中でも、現在減少している在来からのオオサンショウウオを見ることが出来ました。

あそこの岩のかげに魚が隠れているよ!
わぁ〜ほんとだ〜(^o^)



わぁ〜見たことないお魚が沢山いる〜

見事に再現された源流の世界を見た子どもたちは、川をよごさないことが川に住むたくさんの生き物を守るということを、イメージできるようになるのではないでしょうか。 水族館の中を歩き進めていくと、オットセイやアザラシの生活がみられる海獣ゾーンに。岩場の上ではのんびりごろ寝しているアザラシも、ひとたび水の中に入れば本領発揮!チューブ状の水槽の中をス〜イスイととても上手に泳ぐ姿に子どもたちは目を輝かせていました。