合気道教室

大阪市港区のイベント「こどもパラダイス」
2009年2月22日(日)

子ども達はもちろん、大人達にも大人気だったカールおじさん。さすがの存在感です!

昨年に引続き、大阪市港区のイベント「こどもパラダイス」に参加させていただきました。
今年のテーマは“お菓子”。そう、子ども達が大好きなお菓子をテーマに、たくさんの団体が趣向をこらし、いろいろな場所で実際に体験したり、鑑賞したりと飽きることなく楽しめる空間になりました。
お天気に恵まれたこともあり、会場となった区民センターを所狭しと多くの来場者で埋めつくされました。
ギャラクシー・ブライトでは、チョコレートに関する勉強を楽しくゲーム仕立てでしてもらうことを目的として「ギャラコとクッシー一味のチョコレート工場」と題し、カカオ豆のことを中心に6箇所のゲームをクリアするとお菓子のご褒美がもらえるという仕掛けです。

原料:チョコレートは何から出来ているのかな?
ここでは、原料を探します。原料の箱にボールを入れます。

ロースター:カカオ豆を炒ります。
(ピンポン玉をカカオ豆に見立てかまどの天板の上に置いてかまどの炎をうちわであおってローストします。ピンポン玉が落ちたらロースト終了。)

うまくロースト出来るといいね。

ここからうちわであおいで風を送りカカオ豆(ピンポン玉)をローストします

グラインダー:カカオ豆をすりつぶします。
(ピンポン玉を穴に入れ、取っ手をぐるぐるまわすと…すりつぶしたカカオ豆が(ピンポン玉)出てきますよ!)

ジャーン!
手作りグラインダーです。
苦心作です。

ぐるぐるまわしてすりつぶしますよ

チョコレートのお菓子の材料探し:お菓子の材料をレシピカードに従い、たし算・ひき算しながら集めます。

レシピカードをひきます

レシピカードの通りに材料カードを集めます

チョコレートクイズ:ここでチョコレートに関するクイズに挑戦!

チョコレートの歴史から雑学までつまったポスター。
この中に答えがかくれています。

難しい問題は大人がサポートします。

チョコレートのお菓子製造機:今までの過程をたどってすべて集めると…はい!
チョコレート菓子のできあがり!みんなよくがんばりました!!

さあ!今まで集めてきた材料を入れたら何がでてくるかな?

大人気のカールおじさんと一緒にボランティアさんも
準備を含め2日間がんばって下さいました。
つかれたけど、たくさんの子ども達の笑顔が見られたので、うれしいね!


ギャラクシー・ブライトオリジナル「てぬぐい」好評発売中!

大阪市長が来訪

平松大阪市長が、私たちのブースに遊びに来て下さいました!
活動報告もできました。

明治製菓株式会社さんに感謝!!

限定パッケージのチョコカール、定番のチーズカール、おめんをご提供頂きました!

今回のイベントに、全面的に御協力いただました。
カールおじさんをお借りしたり、多数のお菓子の提供の御願いにも、快くご対応いただきました。
おかげ様でイベント会場は、明治製菓で彩られ、楽しい空間を作ることが出来ました。
お菓子をもらった子ども達の笑顔は、こっちがうれしくなる位きらきらしていました。
おらが村のお面も大人気で、早速かぶり会場内を歩く子ども達をみて参加出来なかった子ども達が、何人もギャラクシーブライトのブースに来るほど、大好評でした! カールおじさんも大健闘。
すっかりみんなのアイドルになっていました。
イベントの盛り上げ役に一役も二役も買ってくれた 明治製菓株式会社さん、ありがとうございました。

多くのみなさんのご協力に御礼!!

そして会場ディスプレイにクロスを提供いただいた潟Tンゲツ様、御心遣いいただいた、ダイドードリンコ株式会社様、株式会社長谷川冷機様、タカラスタンダード株式会社様、一井様、大内様、瀧井様、日高様、古賀様、平田様、北野様、そしてボランティアスタッフとして参加して下さった皆様、今年もお声がけ頂いた港区コミュニティ協会の方々、本当ありがとうございました!