2008年2月10日(日)11:00〜15:30
2月の3連休の中、また、前日に降った雪の影響を受けないかと心配をする中、当日10日はきれいな太陽が顔を出し、心地よい陽射しが差す気持ちのいい一日となりました。



★ケンジャン星★
★カンカン星★
★ケンパの海★
★モンジュ星★
★ワルモン星★ クリスタル星に捕らえられているギャラコ姫を助けて!

5つの星のデコレーションも終わり、さあ!ワルモン一味に捕らえられたギャラコ姫を助けるために、5つの関門をくぐり、子ども達に助けてもらいましょう!

「勇者の証」カードをもらって
勇者登録をします。
みんな、いってらっしゃい!
ギャラコ姫を助けるために、
こんなにたくさんの勇者が
集まってくれました。
モンジュ星のナゾナゾンと対決!さあ、なぞなぞ解けるかな?

ケンパの海やワルモン星で、
子ども達、奮闘中!がんばれ!
ワルモン一味を演じてくれた
ボランティアスタッフの皆さん
です。おつかれさまでした。

入場制限をさせていただくほどの大盛況の中、無事に終了るすことが出来ました。
一度のみならず、「再挑戦したい!」という声が続出しました。
それにしても、子ども達のパワーには、待ち構えていたワルモン一味も、へとへとになってしまいましたね(^o^;) 子ども達の熱気と笑い声いっぱいの大銀河物語。それぞれの胸にストーリーを描くことが出来たことでしょう…。

たくさんの団体の方々が趣向をこらした催し物が出ていて、退屈することなく楽しめる空間でした。仮装したスタッフによるスタンプラリーや大人気だったプラネタリウム、テルミンや馬頭琴などのめずらしい楽器に触れることもでき、子ども達の好奇心をくすぐるものにあふれていました。
また、おじいちゃん、おばあちゃんが子ども達に昔の遊びを教えるなど、核家族化やデジタル化
で、失ってしまった“あたたかさ”に、心和む場面が多々見られました。

本物の原寸のゲル。中に入ると
異空間漂う別世界に引き込まれます。
テレビが普及している現在では見ら
れなくなった紙芝居。話し手さんに
いつのまにか引き込まれています。


【今回のイベントに参加して】
ほとんどの参加団体が大阪市・港区の地元の方々の中で、主催者側の一人でもある方がギャラクシー・ブライトの空中広場で行ってきたイベントを見て,私たちの活動を理解して下さり東京に事務所がありながら、声を掛けていただき、参加することとなりました。
まだまだ、港区の方々には認知度も低い中、地元の方々と交流出来るとてもいい機会をいただき、私たちの予想をはるかに上回る動員数で、新たな出会いもあり、多くの子ども達とも会えたことは、とてもいい経験と勉強をさせていただくことが出来ました。
また、ギャラクシー・ブライトの活動に賛同してくれた方々がいらしたことには、感激致しました。
こうしたイベントを通して、これからも人とのつながりを大切にしていきたいと思います。

≫現在までの取組みへ戻る