『みんな天才アーティストだ!』
それぞれの“華”が咲いたよ

〜2007年8月4日(土)・5日(日)10:00〜15:00 in 福崎空中広場〜

【1日目・8月4日(土)】
前日の台風接近で心配された「わくわく広場」でしたが、空は私達に味方してくれました!
さて、一日目は私達の住みたい「まちづくり」を想像を膨らませながら作りました。
一昨年の“家”に始まり、昨年の“部屋”に続き今年は大きな空間でもある“私達のまち”を 考えます。この大きな“まち”という空間をコンパクトにうまくまとめられるかな?
みんなが住んでいる町には、
どんなものがあるかな?
何を作るか、グループのみんなで話し合いをします。
大人も一緒になって、子ども達の思いを形にしていきます。

時間と共に子ども達のアイデアがどんどんあふれ、まちが彩られていきます。
折り紙や厚紙、絵の具、ペットボトルなどを器用に操り、普段は不用品としてゴミ箱行きに
なってしまうものが、もう一度息を吹き返したように輝いていきました。

限られた空間を使って、
めいっぱいに表現しました。
緑の山に素敵なデコレーションをしていきます。
細部をきちんと仕上げています。真剣です。がんばれ!


子ども達の個性を出し合い、それが不思議とそれぞれが相乗効果を出してアイデア満載の“まち”になっています!
そして、作品の発表をそれぞれのグループひとつひとつみんなで見てまわります。
他のグループの作品を見ることで互いに理解しあい、自分達にないものを学んでいきます。

大人達も見事な出来栄えに
感心しています。
わぁ〜、見て見て!
あれってどうやってつくったの?



外に設置された「水遊びコーナー」。杉村運輸鰍フみなさんはじめ、多くの男性ボランティアの方々が、猛暑の中でがんばってくださいました。
大人気のヨーヨー釣り。
子ども達は暑さ知らず
で夢中です♪♪
水遊びに興している
子ども達の姿は、大人達に
清涼感を運んでくれます。
早速、大活躍のアース
オーブン。暑い中での
火の番、ありがとう。


リニューアルのアースオーブンで
美味しいピザが焼けました!


【2日目・8月5日(日)】
2日目はお持ち帰り出来る、“自分だけのオンリーワン”を作る創作広場です。
子ども達ひとりひとりがアーティストとなって作品をプロデュースしていきます。
ベースとなる無地の布バックに思い思いの装飾をつけていきます。パーツをレイアウトしていくと、「そうだ!ここにあれもつけよう!」などとアイデアが次々に浮かんでくるようです。
細かい作業もはさみを自在に
動かしてなんなくこなします。
大人に手伝ってもらいながら
イメージを貼り付けます。
リボン使いがうまくまとまってやさしい雰囲気になりました。

材料はシェアしているのですが、どれ一つとして同じものはありません。
どの作品も本当にかわいくてすべてお見せ出来ないのが残念です。
子どもならではの豊かな発想に大人の私達もなんだかたのしくて、笑顔になります。

にぎやかでたくさん
夢の詰まった作品に
なりました!
真ん中のハートが
全体のバランスを
まとめた仕上がりです。
アースオーブンの“火の番”こと古賀さんをモデルに
作りました!
子供は一番苦労している人を
ちゃんと理解してくれて
いるのですね。

バックの他に、毛糸でつくるハタキやビーズアクセサリーなどを作りました。
子ども達は手先を器用に使い好きな色や形のビーズを、思い思いに繋げていきます。
意外にも簡単に作ることが出来て、ひとつだけでなくいくつも作っている子もいました。
それにしても子ども達の、のみこみの速さには驚きです。
大人は、“こうあるべき”みたいな固定観念のかたまりが、きっと想像力を鈍らせてしまうのかな?ということに気づかされました。

どの色の毛糸を使おうかな?
毛糸がハタキに変身したよ!
細かい作業もお手のもの!
今回は、作ったものを思い出と共に持って帰ってもらいたいとの思いから企画をしました。
自分の力で作ることで愛着がわき、物を大切にする心と、みんなで頭を寄せ合って、材料も分け合って協力し合うことでコミュニケーションを図ってもらえたら、うれしいです。
子ども達のかがやいた笑顔がと元気な声がいっぱい広がったことは、この「わくわく広場」にご協力して下さったみなさんの新たなる原動力となったに違いありません。
そして、今回もたくさんの元気を子ども達にもらいました!
どうもありがとう!!

ビーズも貼り付けてまとめればりっぱな装飾になります。

明治製菓株式会社様、ダイドードリンコ株式会社様よりうれしいお菓子と飲み物の提供をいただきました。
今回も明治製菓蒲lより3種類ものお菓子を提供いただきました。
トッピング付のチョコレート菓子など遊び心あふれる夢いっぱいのお菓子でみんなしあわせ気分が倍増です♪
たくさんの種類を提供頂いた中で、復刻堂の“三ツ矢サイダー” “アップルゼリー”は子どもだけでなく大人にも大好評!ダイドーファンが確実に増えました!

【最後に…】
そして、『第7回 福崎わくわく広場』を無事に開催出来ましたのは、ご支援下さった企業の方々、ボランティアスタッフとしてご参加いただいた多くの皆様方一人一人の力が集まり、大きな力となって作り上げられたイベントだということを実感しております。
この場をお借りしまして深く御礼申し上げます。本当にどうもありがとうございました!!
これからも「福崎空中広場」でのイベントを子ども達と一緒に考え、皆様の御力添えを頂きながら開催して参ります。次回は、第一回にご招待した沖縄のアメラジアンスクールの子ども達との再会も企画しております。お楽しみに!!

≫現在までの取組みへ戻る