2006年6月24日(土) 13:00〜15:30
梅雨時の真っ只中にあって、この日はつかの間の晴天に恵まれ太陽が雲の切れ間から顔を出してくれました。
お父さん、お母さんたちは、期待を胸に講演会場へと続々と集まってくれました。
そして、小児神経学・発達神経学、小児科・小児神経専門医としてご活躍されている
二瓶健次先生の講演会が始まりました。
今回は2部構成でプログラムを組み、第1部を二瓶先生の講演会、第2部をご父兄からの質疑応答という形で進めてまいりました。

経験豊富な二瓶先生からは、これまでの症例を交えて様々な角度から、患者サイド、治療する側と、双方向からのお話を皆さんに解り易くして下さいました。
参加者の皆様の中には必死でメモを取る方々もおられ、真剣そのものでした。
思わず身を乗り出して聞き入っています。 経験に裏打ちされた二瓶先生のお話は
説得力があります。

質疑応答では、和やかな雰囲気の中で、ただ質問をするだけでなく、会場にいる皆さんがそれ
ぞれの悩みを共有し、お互いに意見を出し合い、皆で解決法を探るという、心がふれあう、やさしい空気が流れる中で、各々が手ごたえを得ての閉幕となりました。終了後、参加者の中からは、「とてもよかった。」・「めったにない機会をいただきありがとうございました。」などの声が多数寄せられ、私どもも安心致しました。普段不安に感じていることや、一人で悩んでいることなどが緩和され、少しだけ、肩の荷がおりたのではないでしょうか。今後とも、遠慮なく何なりと、申し出ていただけたらと考えております。
二瓶先生を囲んで笑顔輝くお母さま達です!
(ママとてもきれい!)

一方、講演会の間子ども達は、明るい光あふれる体育館の中で、ボランティアのお姉さんやお兄さん達と思いっきり遊びました。ボールを使って走り回ったり、お母さんの手作り遊具で遊んだり、お絵描きをしたりと、それぞれが自分の意思をもって、他の人への気づかいもしながら、楽しい時間を過ごしました。

わぁ〜何で遊んでいるのかな?
手作りおもちゃ、楽しそうですね。
なかよしふたりっこ♪♪ 名選手、ホームラン打ちます!

いっぱい身体を動かして、いっぱい笑って、いっぱい走って、子ども達は本当に活き活きとした表情をみせてくれました。
今回も、このイベントに協賛くださった、ダイドードリンコ株式会社様からの、飲み物の差し入れでのどを潤し、またいい汗をかきながら、次の遊びへチャレンジです。
そして帰るのが名残惜しそうにしつつ、満面の笑みの華が満開の中、解散です。
又、次のイベントでお会いできるのを楽しみに、素敵な休日に感謝!

【今後の活動予定】
今年も待望の「第6回 福崎わくわく広場」開催です!
日時:8月5日(土)・6日(日) 午前10時〜午後4時 
場所:大阪市港区「福崎空中広場」にて

テーマは「みんなでお部屋を作ろう」です。紀州レンジャーも待っています!
今後共、皆様のお力添えをよろしくお願い致します。

≫現在までの取組みへ戻る